部分ごとに修理を受けられる

正規修理店はデータが消えてしまう

iphoneに不具合が生じた場合、早めに修理しておきたいところです。アップルケアプラスという保証を付けている場合は、アップルストアか正規プロバイダー店にて安い費用で修理が受けられます。反対に、保証を付けていない場合は高額な修理費用を支払わなければいけません。
アップルストアや正規プロバイダー店では、持込修理の場合は即日お渡しを基本としていますが、混雑具合や部品在庫次第では難しいこともあります。近くに店舗がない人は、配送修理を依頼することになりますが、アップル修理センターに到着してから5~7日間は日数がかかります。配送期間も入れると、7~10日間くらいはかかるでしょう。iphoneの画面割れは基本的に画面だけの交換なので、即日対応できないようであれば、町角にある修理専門業者に依頼するのも一つの方法です。

登録事業所を選ぶことでリスクを回避

アップルストアや正規プロバイダー店に出すと、個人情報保護を考慮して、修理前に初期化が行われます。事前にバックアップを取る必要がありますし、アプリの再インストールも行わなければいけません。しかし、修理専門業者はデータをそのままにしてくれることが多いので、初期化を避けたい人に朗報です。もちろん壊れた箇所だけ修理依頼できます。
それでも、全ての修理専門業者が優良業者とは限らないので、注意が必要です。登録修理業者制度の法律に則って、総務省に登録している業者を選びましょう。
違法業者に依頼すると、個人情報を盗まれることはもちろんですが、違法部品による火災の発生や技術の低さによる破損といったトラブルが起こる可能性があります。その上、違法業者と知って頼んだ消費者の方が電波法に違反したことになってしまいます。罪が確定すると、1年以下の懲役か100万円以下の罰金を科せられるので、注意してください。